記事一覧

早漏はマキロンで治せるのか

「早漏はマキロンで治せるのか?」という質問に対する答えは、「ノー」です。 従来のマキロンには、塩酸シブカインという局所麻酔薬が含まれており、この成分が早漏にマキロンが効くという主張の根拠となっていました。 しかし、2006年により傷治療に適した成分に見直しがなされ、現在のマキロンには、塩酸シブカインのような局所麻酔薬として作用のある成分は、成分表記されていません。 つまり、マキロンで早漏が治せるという根拠は、ないということになります。 早漏の原因は「身体的要因」と「精神的要因」に分けることができ、単独ではなく、2つの要因が複合的に作用している場合もあります。 神経系統を原因とした早漏に対しては、男性器の感度を鈍らせることで、早漏をある程度防止できると考えられています。 そこで、リドカインなどの局所麻酔剤で男性器を麻痺させて、感度を鈍くさせる仕組みが市販の早漏対策グッズなのですが、従来のマキロンにも局所麻酔剤が配合されていました。 そのため、マキロンをガーゼに染み込ませペニスを包み、10分ほど経過した後に洗い流して性行為に及べば、性器の感度が鈍くなって、射精までの時間を遅らせることができる、早漏にはマキロンが効くという噂の根拠となったようです。

2019年10月04日
リドカインが早漏に効く理由

男性の中には性交渉に関する悩みがたくさん抱えている人がいます。 それは勃起障害であったり早漏などです。 たとえば早漏の場合には、性交渉の際の射精までの時間が早いと言うことになります。 これではパートナーを満足させることができません。 このような早漏に関する治療薬はいくつかあります。 そのなかにリドカインという物があります。 リドカインが早漏に効く理由に関しては、神経を一時的に麻痺させるという効果があるからです。 クリーム状になっている薬もあるので、この薬を局部に塗ることによって局部を鈍感にするのですリドカインには麻酔効果があるので、このように早漏にも効果があるのです。 しかし使いすぎると不快感を生じることもあるので注意します。 適量を守ってしかりと使えば、効果を実感することができます。 また体に対する副作用が少なしということも大きな特徴です。 しかしパートナーが麻酔アレルギーの場合には注意が必要です。 デリケートな部分に塗ると言うことで、局部にも優しくなっています。 そして使用後はシャワーなどですぐに流れないようになっているので、性行為の最中に効果がなくなるということありません。 またリドカインを使っていると言うことを気付かれるという事がないのがメリットです。

2019年08月31日
リドスプレーは早漏治療には不十分

女性を満足させること無く、自分だけが先に射精してしまういわゆる早漏は女性に嫌われる要素の一つであり、それがコンプレックスとなっている男性も中にはいるでしょう。 早漏には肉体的なものや精神的なものがありますが、最近では早漏治療に効果のある薬もあります。 服用することで普段よりも持続力が何倍にもなり、女性を満足させるのには十分な効果を発揮してくれることもあります。 しかし、これだけの凄い力を発揮してくれる薬には付きものとなっているものに副作用があります。 広く使われている早漏治療薬は人によっては体調に影響を与えることがあり、強い眠気に襲われて性行為をするどころではなかったという場合もあるぐらいです。 そこで便利なのが副作用もなく使用することが出来るリドスプレーです。 リドスプレーはスプレータイプの外用薬なので副作用の心配もなく使用することが出来ます。 性行為前にスプレーを性器に吹きかけるだけで効果があり、臭いも無く扱いやすいのが特徴です。 しかし、副作用が無いので安心は出来ますが効果には個人差があります。 人によっては少し吹きかけるだけで大丈夫だという人もいれば、それだけでは不十分で数秒間吹きかけなければいけないという人もいます。 リドスプレーは自分の適量を見極めて使用することが大事なのです。

2019年08月14日
ダポキセチンが早漏に効く秘密

男性にとって、性的な悩みの中でも早漏は深刻な物のひとつに入ります。 早漏は、肉体的な弊害というよりは、異性との性行為の際に相手に充分なオーガズムを与えることが出来ないという精神的な負担の方が大きいものです。 早漏の原因としては、かつては陰茎部分の皮膚が過敏であることが主たる要因でしたが、現在ではストレスや精神的な要因で早漏となる人が増加しています。 EDと異なり、今まで早漏には特効薬とされるものが殆ど存在しませんでしたが、現在では飲み薬や塗り薬など、様々なものが早漏に効果があるとされ、紹介されています。 その中でも、特に効果が大きいとされる薬がダポキセチンというという飲み薬です。ダポキセチンが早漏に効く秘密として、その鎮静作用が挙げられます。 抗うつ剤の一種でもあるダポキセチンは、脳内物質のセロトニンの分泌を促し、それにより脳の興奮状態を鎮める効果があります。早漏は、性的な興奮状態が絶頂に達するまでの時間が早いことで起こるという仕組みなので、その興奮を抑え、脳をリラックスさせることで絶頂に達するまでの時間を長引かせるというものです。 そのため、前述のようにストレスや精神的な要因が元で早漏になっている人には効果を発揮します。

2019年07月26日